台湾人のいる暮らし

台北迪化街付近の住人の生活メモ。

2018台湾の春節

台湾は春節(2/15-20(15日は大晦日。本当の春節はもうちょっと短いらしいがカレンダー上は20日まで))。

 

春節(大晦日)の我が家のおせち?料理。

f:id:meihe30:20180220165029p:plain

料理:義母/写真:義姉

おいしいとはいえない。

 

春節の時の台北

f:id:meihe30:20180220133934j:plain

お店はほとんどはシャッターが下りている。

外国人にとってはつまらない期間。

 

春節一日目。

ほとんどのお店はお休みだが、近年は日本を真似し、三越などは福袋をやっているらしい。

f:id:meihe30:20180220164054j:plain

たまたま通りかかった三越

 

f:id:meihe30:20180220164126j:plain

袋がなんか。。。みんななんかスポーツバック持ってるなと思ったら、福袋らしい。

中身が気になる。

 

春節2日目。

夫とのんびり。

 

春節3日目。

春節は家族でというイメージが強いが、この頃からみんな外に出始める。

わたしたちは淡水へ。駅がすごいことになってた。

f:id:meihe30:20180220134009j:plain

元々結構人が多い所だが、エスカレーターがこんなになってるのは初めて見た。

 

外。

f:id:meihe30:20180220134050j:plain

 街中。

f:id:meihe30:20180220134219j:plain

 日本語で話していたら、「あなたたち日本人?わたし東大出身」と真っ赤な服を着た怪しい台湾人のおばちゃんにも遭遇。

 

春節4日目。野柳へ。

f:id:meihe30:20180220134415j:plain

f:id:meihe30:20180220134703j:plain

 


台湾は人口密度が高いため、観光地やちょっと良さげな所は、基本台湾人、中国人、韓国人、マレーシアなどの東南アジア系の人で芋洗い状態なので、台湾人の夫もあまり好きではない。

しかも、よく台湾のソーセージなど焼いているおじちゃんたちがいるので、どんなに景色がきれいな所でもソーセージ臭い。

f:id:meihe30:20180220134555j:plain

台湾人は臭いが気にならないのだろうか。

海が一望できる所でするめ食ってる家族。