台湾人のいる暮らし

台北迪化街付近の住人の生活メモ。

台湾人と日本での結婚式についてのメモ。物価の差がネックに。

2年前の8月、台湾人の夫と日本で結婚式を挙げました。

 

 

夫は日本の大学の博士課程で勉強していました。

なんとか博士論文が通り、少子化で大学が減少傾向にある中ありがたいことに台湾の大学への就職も決まり、台湾へ引っ越すことになりました。

旅立つ前に日本で結婚式を、ということで日本で結婚式をすることになりました。

 

 

しかし、

夫は今までずっと学生だったため、貯金がありません。

しかも、台湾のサラリーマンの月収は、一般的には3万元前後(日本円で約10万。1元=3.5円で計算)と言われているので、台湾人からすると日本の物価はやや高めとなります。(物によりますが)

 

わたしも、夫や夫のご両親に金銭的に負担となるものは心苦しい。

かと言って、うちの両親の面子もあるため、見るからにケチった式を挙げるわけにはいかない。

 

というわけで、

「節約!」「でも質は下げない!」をテーマに奮闘することになったのでした。

 

 

◆目下、台湾人の夫の目から見て「高い!」と感じたもの。

(お互い初めての結婚式のため、台湾日本関わらず、「想像より」という主観も入ります。)

 

・ドレス代

1着8万とか10万とか!たった1日レンタルするだけなのに!!(ですが、試着をしていて納得。色々なタイプのドレスがあり、お店の方は素材、流行、伝統、着方、たくさんの知識が必要。人件費を考えるとこれくらいは仕方がないのかもしれません。)

台湾は、知り合いの話によると、1万元くらい(日本円3.5万くらい)。台湾人の収入から考えるとどうかという問題は置いておいて、単純に日本円に換算すると日本よりは安いようです。お店やドレスの質によるとは思いますが。

 

・料理代

日本の結婚式のお料理は一人一人。よって、◯万円/1人×人数という感じですが、台湾は中華スタイルのため、大きいお皿にどんと来てみんなでシェアして食べます。

(台湾だと、お客さんが勝手に家族とか友達とか彼女彼氏とかを連れてくることがあるそうですが、お料理が中華スタイルなので特に問題は発生しないようです。)

 

お料理代だけとっても、日本の方が不利のような気が。

日本のは、ご祝儀はお客様のお料理、飲み物でほぼチャラになってしまうのではないでしょうか。

夫曰く、台湾では、料理代はそれほどお金がかからないため、お客様が多ければ多いほど 「ご祝儀」-「結婚式費用」=黒字 となるそうです。

 

なので、結婚式の準備を進める(オプションをつけるかどうかの相談をする→オプションをつける=費用が膨らむ)につれて夫は不満が積もるばかり。

わたしは、なるべく夫の負担を減らすべく、仕事の合間に安くてかわいいものをネットで探す毎日。疲労困憊。

 

 

◆わたしたちが削ったもの。節約したもの。

 

1.カラードレス。レースの手袋。

2.2人の出会い的なVR

3.テーブルのお花(生花)

4.音楽

5.ウエディングケーキ

 

以下、詳細。

1.カラードレスとレースの手袋 →ネットで。

カラードレスは59,940円。手袋はレンタル5,000円がなんと500円に!

f:id:meihe30:20170815160817j:plain

今回は、こちら↓を利用。

ウェディングドレスの格安販売・試着・ レンタルは【Landybridal】

ネットなので質が心配でしたが、とてもよかったです。

ウエディングドレスのレンタル店でこちらも一緒に試着させていただきましたが、お店の方も質の高さを褒めていました。

靴も、できることなら自前にしたかった~。しかし、タイミングがわからず、結果レンタルに。5,000円でした(涙)

 

 

2.2人の出会い的なVR →手作りのアルバム。

f:id:meihe30:20170815162824j:plain

f:id:meihe30:20170815162851j:plain

 

 

3.テーブルのお花(生花) →キャンドル+α

f:id:meihe30:20170815163141j:plain

f:id:meihe30:20170815163215j:plain

生花は高い。。。かと言って造花は見るからにケチってる感じ。。。結果、キャンドルにしました。

ですが、キャンドルも結構なお値段がしますし、キャンドルだけだと華やかさに欠けるので、安いフローティングキャンドルと安い造花の茎を切ったものを水に浮かべました。なかなかすてきになったのではないかと思います。

また、式の終わりに配る小さなプレゼント(クッキー)もテーブルに飾れそうなものにしました。一石二鳥!

 

 

4.音楽 →指定なし。

流してほしい音楽は指定しなければ、会場で適当にクラシックを流してくれるとのことだったのでそうしました。

 

 

5.ウエディングケーキ →なし。

代わりに、デーザートバイキングをしました。結果として節約にはなっていないのですが、お客様には喜んでもらえたように思います。少なくとも友達には大好評♡

f:id:meihe30:20170815170306j:plain

 

◆合計

うろ覚えですが、お客様30名で、合計130万~140万くらい+プレゼント代でした。

式場が、一日一組のちょっと高めの所だったのでちょっと痛かった。

でも夫が一目惚れの所でしたし、わたしも大満足の結婚式をすることができました。

良い思い出です。