台湾人のいる生活

台北での生活のメモ。やはり日本が良い。

台湾人と行く夏休み台湾旅行#4 溪頭、彰化、台中

こんにちは。

 

台湾の学生たちは今夏休みです。

 

先日、台湾の国立大学で教員をしている夫と夏休みの旅行に行ってきました。

 

台湾の大学教員は夏休みも時間的に結構自由に使えるようで、学生のように夏休みを楽しめるようです。

 

 

さて、旅行4日目は溪頭。帰宅途中には彰化と台中にも寄りました。

 

溪頭:

台湾大学の実験林場。日本統治時代は東京帝国大学農学部の演習林だったそうです。

 

f:id:meihe30:20170730223405j:plain

f:id:meihe30:20170730223513j:plain

f:id:meihe30:20170730223608j:plain

 

 

f:id:meihe30:20170730223751j:plain

りすもいた!

f:id:meihe30:20170730223804j:plain

木に「餌をあげないでください」と書いてあるのに全く気にせず餌をあげる人々がたくさん。。。orz

 

そういえば、日本は山と言えば熊、熊の被害というイメージがわたしはありますが、台湾では熊による被害というのは聞いたことがありません。

夫曰く、台湾の山には熊はいないとのこと。

 

 溪頭のランドマーク的存在なる、吊橋。

f:id:meihe30:20170730224838j:plain

水の色が。。。Σ(゚Д゚) 

 

木は立派な佇まい。

f:id:meihe30:20170730224247j:plain

 

f:id:meihe30:20170730230014j:plain

なぜか赤い恐竜?のようなものが。

 

竹林もありました。

 

 

◎感想◎

・主要なルートを歩いて2時間~3時間くらい。

・合歡山のような大自然の方が好きですが、統治時代の日本人の苦労が偲ばれて感慨深かいです。

・自然と調和しないへんてこなモニュメントなどがあり、合歡山と比べると「台湾度(=台湾っぽさ)」が高いです。

・道は結構整備されていて歩きやすいです。

・親子連れのお客さんで賑わっていました。

・夫から「涼しい」と聞いてたのですが、あまり涼しくはありませんでした。蒸し暑い台北と比べればもちろん暑くはないですが、半袖で歩いているとやはり汗ばむくらい。

 

 

今回の主な目的地はほぼ終了。

 

 

彰化、台中の写真は後日アップ予定。

 

以上、ご参考までに。