台湾人のいる生活

台湾人の夫と台北で暮らす主婦のメモ。

台湾人と行く夏休み台湾旅行#2 合歡山

こんにちは。

台湾の学生たちは今夏休みです。

 

 

先日、台湾の国立大学で教員をしている夫と夏休みの旅行に行ってきました。

 

台湾の大学教員は夏休みも時間的に結構自由に使えるようで、学生のように夏休みを楽しめるようです。

 

 

さて、旅行2日目は合歡山。

合歡山:

標高3417m!台湾には、3千m級の山がたくさんあります。

 

 

以前、本でちょっと面白いなぞなぞを見かけました。

 

問題:昔、日本には富士山よりも高い山がありました。さあ、何山でしょう。

答え:台湾の玉山(3,952m)

   台湾はその昔日本の統治下にあったから、統治時代は玉山は日本で1番高い山だったということになる。

 

 

合歡山へ。

標高3417mとのことですが、結構上の方まで車で行けちゃいます。バスも通っていました。少ないですが。

 

f:id:meihe30:20170729192604j:plain

気圧が低いので空気が膨張し袋がパンパン。

 

f:id:meihe30:20170729185553j:plain

駐車場から登山口に向かう途中。

f:id:meihe30:20170729191310j:plain

登山口付近からの景色。

写真奥が駐車場。休日は大渋滞とのこと。(わたし達が行ったのは平日)

 

頂上を目指します。

f:id:meihe30:20170729191424j:plain

 

おお~絶景~(´∀`)♪♪ 

(広角レンズじゃないので雰囲気が伝わらないかと思いますが 汗)

f:id:meihe30:20170729191917j:plain

f:id:meihe30:20170729192008j:plain

f:id:meihe30:20170729192112j:plain

 

 

◎感想◎

・駐車場付近は観光バスもあり、人が多かったものの、山頂まで登山する人は少ない様子。

・とても涼しく避暑にぴったり!思っていたほど寒くなく、半袖でもぎりぎり大丈夫でした。でも日が陰るとやはり肌寒かったのでカーディガンのような上着はあった方がよさそう。

・登山道も歩きやすく、緩やか。登山初心者の私でも景色を楽しみながら歩けました。

・初めて高山病を経験。ちょっとだけですが、やや頭がずきずきしました。

 

 合歡山おまけ↓

f:id:meihe30:20170729192235j:plain

通行禁止の看板があるにも関わらず、まるで看板などないかのように、躊躇うことなく、「こっちの方が近道だよーこっち行こ行こー」とふつーに入っていく台湾人たち。

 

台湾で生活していると、

台湾の方は、ルールを守れない、というかルールを守る!という意識が低いような...と感じることがよくあります。

 

 

続いて、

盧山温泉。

後日記載予定。

 

 

本日の〆に18℃巧克力工房。

f:id:meihe30:20170729194821j:plain

台湾人のお友達のおすすめ。

お友達曰く、「很好吃!就是巧克力還好而已(おいしいよ。ただチョコレートがイマイチなだけ。)」

元々はチョコレート屋さんなのだそうですが、本業のチョコレートはイマイチなのだそうです。

 

f:id:meihe30:20170729194854j:plain

色んな種類があり迷います。

f:id:meihe30:20170729194934j:plain

 今回は、「馬告鹽巴(台湾原住民の香辛料と岩塩」味と、バニラ、ラムレーズンをチョイスしました。

理由と感想:

馬告鹽巴・・・お友達のおすすめ。これはおいしい!日本にない味!香辛料の風味と岩塩のさっぱりさが完全に調和していています!

バニラ・・・基本は大事。普通かな。甘ったるくなくておいしいですが、ハーゲンダッツで十分かも。

ラムレーズン・・・好物なので。ハーゲンダッツの勝ち。

 

 

旅行3日目、日月潭に続く。