台湾人のいる生活

台湾人の夫と台北で生活する主婦の日記。

台湾の世界一になったパン屋さん、吳寶春。。。

台北、曇りのち雨、体感30度以上。暑い。蒸し暑い。何もしたくなくなるくらい暑い。

 

 

台湾に世界の何かのパン大会で一位を獲得したパン屋さんがあると聞いたので、行ってみました。お店の名前は、吳寶春。

 

 

台湾のパンは、基本、おいしくないです。

夫の同僚の先生の言葉を借りれば、「くそまずい」。

 

食べられないほどではないのですが、

何かが違う。何というか、”モサモサ”している。

 

そんな台湾で世界一のパン職人が生まれるとは。

f:id:meihe30:20170513025249j:plainf:id:meihe30:20170513025311j:plain

 

感想)

うーん、普通。

普通においしい。

 

 

世界一になったパンは、すごい、衝撃的においしいのかな???

 

世界一になったパンは、ライチとか薔薇とかが入っているやつらしい。

しかも、350元とか。日本円で、1000円以上。

パンはシンプルな方が好きなので、食べる気が起きない。

 

 

特においしいと思わなかったので、

詳しく調べる気にならず。

この辺で。