台湾人のいる生活

台湾人の夫と台北で生活する主婦の日記。

台湾で春彼岸。

台北、晴天、現在24度。小春日和🌸という感じ。基本暑いか寒いかの台北ではめずらしく気持ちの良い気温。


台北は「清明節」という祝日で4/3、4、そしてその前の土日を合わせて4連休です。


清明節に台湾人は墓参りに行きます。

個人的に、日本の春彼岸のようなものかなと思っています。

因みに、台湾には日本でいうお盆や秋彼岸のようなものはない様子。

私の見た限りでは、清明節が唯一台湾人が大々的にお墓参りに行く日。

夫に聞いたところ、行く人は新年(春節)にも行くとのこと。

日本と似ているけど、やはりちょっと違う台湾。


清明節は今年で2回目。

去年はお墓参りに同行したのですが、今年は行かなくて良いとのことだったのでお留守番でした。


去年行った際のメモ)

・お墓参りは親戚一同。

お父さんの兄弟とか兄弟の子供とか、日にちを決めてみんなでいっしょに行くらしい。

台湾人の知り合い曰く、中には顔もわからない親戚も多数いるとのこと。でもこれが一年に一度顔を合わせる貴重な機会なのだとか。

・とりあえず、お墓が結構カラフル。

形は沖縄のによく似ています。

・お墓のテリトリーが。。。

空いている所にてきとーにお墓を作ったという感じ。お墓とお墓の間に特に通路がないので他の御宅のお墓の中を通らないといけないような所も。ちょっと気が引けます。そして足場も悪いので、スニーカー必須(旦那は山登りと言います)。

・お菓子をめっちゃ持って行く。

文字通り、山のように持って行きます。そしてそれをお墓の前の棚みたいな所に並べます。

・お線香はみんなで。

お線香を渡され、みんなで黙祷みたいなのをします。

・お墓の屋根(?)の上に何やらカラフルなお札の紙のセットみたいな物を何箇所かに置きます。その心は、台湾人の夫にも謎。


昨日は夕方は近所の河辺をぶらぶらしました。今日もだけど、気持ちの良い気温になってきました。(今週末辺りから30度近くになるようだけど。。。)

一瞬だけでもちょっと春気分です。

f:id:meihe30:20170403160534j:plain