台湾人のいる生活

台湾人の夫と台北で暮らす主婦のメモ。

台湾のホテル#2 南投

台湾の学生たちは今夏休みです。

 

先日台湾の国立大学で教員をしている夫と旅行に行ってきました。

日本の大学教員は夏休みも忙しいようですが、台湾の大学教員は時間的に結構自由なようです。

 

◎旅行の際のホテル選びにおけるポイント

・お値段。金銭的にまだそれほど余裕がないので。なので素泊まりが多いです。

・清潔さ。台湾は全体的に衛生水準が日本より低いのですが、やはり清潔な所がいい!(涙)

 

今回は3件ご紹介します。

 

 

①惠蓀林場の宿泊施設

お値段は、平日、二人部屋、一人約1000元。朝食付き。

晩ご飯も別料金で頼めます。小さ目のお鍋とか。一食200~250元くらい。

アメニティ、パジャマ、タオル等は一切ありません。

(たくさんの、色んなタイプの宿泊施設があります。わたし達が泊まったのは、林場の上の方の。)

 

f:id:meihe30:20170731144152j:plain

f:id:meihe30:20170731144247j:plain

f:id:meihe30:20170731144313j:plain

f:id:meihe30:20170731144336j:plain

f:id:meihe30:20170731144359j:plain

観光施設でもない、林場にしてはそこそこの清潔感。

 

f:id:meihe30:20170731144425j:plain

f:id:meihe30:20170731144454j:plain

お手洗い、お風呂場はちょっと清潔感に欠けます。

お手洗いはトイレットペーパーを流しちゃいけないタイプ。

シャワーのヘッドを掛ける所が壊れていてずっと手に持っていないといけません。

お湯も30分以上待ってやっと出ました。

f:id:meihe30:20170731144527j:plain

部屋の窓からの眺め。良いとは言えない。

 

朝ごはん。お粥もあります。

f:id:meihe30:20170731144548j:plain

 

※注意)山なので虫が多いです。

 

 

 

②南投日月潭付近のホテル、美真館(民宿?)

お値段は、平日、二人部屋、一人約1200元。朝食付き。

アメニティ、タオル有り。パジャマは無し。

 

f:id:meihe30:20170731144757j:plain

日月潭付近のお店街の中に紛れ込んでいます。

ちょっと大きめのお宅を改築したような造りのホテル?民宿?です。

f:id:meihe30:20170731144830j:plain

なかなかの清潔感。

でも、センスが。

f:id:meihe30:20170731144653j:plain

f:id:meihe30:20170731144901j:plain

お手洗い、お風呂場も合格点の清潔感。(ちょっと破損部分などは有り。)

 

朝ごはん。

f:id:meihe30:20170731144954j:plain

f:id:meihe30:20170731145015j:plain

f:id:meihe30:20170731145021j:plain

↓未知の食物。タピオカの一種だそうです。

f:id:meihe30:20170731145029j:plain

インテリアのセンスが。。。

f:id:meihe30:20170731145059j:plain

 

 

③渓頭吉野渡假山荘民宿

お値段は、二人部屋、一人約1400元。朝食付き。

晩ご飯も別料金で用意があります。小さ目のお鍋。200~250元くらい。

アメニティ、タオル有り。パジャマは無し。

 

f:id:meihe30:20170731145153j:plain

すてきな佇まい!

f:id:meihe30:20170731145230j:plain

窓からの景色も良いです。

f:id:meihe30:20170731145307j:plain

f:id:meihe30:20170731145336j:plain

お手洗い、お風呂場はもうちょっと清潔感があるといいなあ。

f:id:meihe30:20170731145403j:plain

f:id:meihe30:20170731145448j:plain

f:id:meihe30:20170731145505j:plain

f:id:meihe30:20170731145859j:plain

f:id:meihe30:20170731145513j:plain

f:id:meihe30:20170731145542j:plain

f:id:meihe30:20170731145553j:plain

すてき♫

f:id:meihe30:20170731145641j:plain

所々台湾を感じる。。。

見ざる聞かざる言わざる的なかえるは一体。

 

晩ご飯。

250元のお鍋1つを2人で食べました。結構お腹一杯。1人1個は多いかも。

f:id:meihe30:20170731150033j:plain

朝ごはん。

f:id:meihe30:20170731145709j:plain

f:id:meihe30:20170731145752j:plain

 

以上、ご参考までに。

台湾人と行く夏休み台湾旅行#4 溪頭、彰化、台中

こんにちは。

 

台湾の学生たちは今夏休みです。

 

先日、台湾の国立大学で教員をしている夫と夏休みの旅行に行ってきました。

 

台湾の大学教員は夏休みも時間的に結構自由に使えるようで、学生のように夏休みを楽しめるようです。

 

 

さて、旅行4日目は溪頭。帰宅途中には彰化と台中にも寄りました。

 

溪頭:

台湾大学の実験林場。日本統治時代は東京帝国大学農学部の演習林だったそうです。

 

f:id:meihe30:20170730223405j:plain

f:id:meihe30:20170730223513j:plain

f:id:meihe30:20170730223608j:plain

 

 

f:id:meihe30:20170730223751j:plain

りすもいた!

f:id:meihe30:20170730223804j:plain

木に「餌をあげないでください」と書いてあるのに全く気にせず餌をあげる人々がたくさん。。。orz

 

そういえば、日本は山と言えば熊、熊の被害というイメージがわたしはありますが、台湾では熊による被害というのは聞いたことがありません。

夫曰く、台湾の山には熊はいないとのこと。

 

 溪頭のランドマーク的存在なる、吊橋。

f:id:meihe30:20170730224838j:plain

水の色が。。。Σ(゚Д゚) 

 

木は立派な佇まい。

f:id:meihe30:20170730224247j:plain

 

f:id:meihe30:20170730230014j:plain

なぜか赤い恐竜?のようなものが。

 

竹林もありました。

 

 

◎感想◎

・主要なルートを歩いて2時間~3時間くらい。

・合歡山のような大自然の方が好きですが、統治時代の日本人の苦労が偲ばれて感慨深かいです。

・自然と調和しないへんてこなモニュメントなどがあり、合歡山と比べると「台湾度(=台湾っぽさ)」が高いです。

・道は結構整備されていて歩きやすいです。

・親子連れのお客さんで賑わっていました。

・夫から「涼しい」と聞いてたのですが、あまり涼しくはありませんでした。蒸し暑い台北と比べればもちろん暑くはないですが、半袖で歩いているとやはり汗ばむくらい。

 

 

今回の主な目的地はほぼ終了。

 

 

彰化、台中の写真は後日アップ予定。

 

以上、ご参考までに。

 

 

台湾人と行く夏休み台湾旅行#3 日月潭

こんにちは。

 

台湾の学生たちは今夏休みです。

 

先日、台湾の国立大学で教員をしている夫と夏休みの旅行に行ってきました。

 

台湾の大学教員は夏休みも時間的に結構自由に使えるようで、学生のように夏休みを楽しめるようです。

 

さて、旅行3日目は日月潭

日月潭

周囲37km。(日本最大の湖、琵琶湖は周囲241km)

どうやら、自然の湖ではなく人工のダム湖だそうです。

 

 

船に乗りました。

 

チケットは、湖近くのお店で売っていたので一人100元。

船乗り場?が3箇所あり、3箇所全部乗れます。

他の所で買うのよりお買い得だったのかはわかりません。

f:id:meihe30:20170730230958j:plain

 

f:id:meihe30:20170729200245j:plain

f:id:meihe30:20170729200346j:plain

f:id:meihe30:20170729200545j:plain

 ※写真は追加予定。

 

 

◎感想◎

・やはり観光客が多いです。以前TVで見た映像では中国人観光客でごった返していましたが、それほど多くありませんでした。

・わたし達が住んでいる台北の淡水と雰囲気が似ているように思いました。淡水は人とぶつかって歩く感じですが、こちらは気持ち良く歩けました。

・サイクリングコースもあるらしく、レンタル自転車がたくさんありました。車で行ったので車で湖の周りを一周しましたが、道路の起伏が激しく、自転車では結構厳しいかもしれません。

 

旅行4日目、溪頭へ続きます。

台湾人と行く夏休み台湾旅行#2 合歡山

こんにちは。

台湾の学生たちは今夏休みです。

 

 

先日、台湾の国立大学で教員をしている夫と夏休みの旅行に行ってきました。

 

台湾の大学教員は夏休みも時間的に結構自由に使えるようで、学生のように夏休みを楽しめるようです。

 

 

さて、旅行2日目は合歡山。

合歡山:

標高3417m!台湾には、3千m級の山がたくさんあります。

 

 

以前、本でちょっと面白いなぞなぞを見かけました。

 

問題:昔、日本には富士山よりも高い山がありました。さあ、何山でしょう。

答え:台湾の玉山(3,952m)

   台湾はその昔日本の統治下にあったから、統治時代は玉山は日本で1番高い山だったということになる。

 

 

合歡山へ。

標高3417mとのことですが、結構上の方まで車で行けちゃいます。バスも通っていました。少ないですが。

 

f:id:meihe30:20170729192604j:plain

気圧が低いので空気が膨張し袋がパンパン。

 

f:id:meihe30:20170729185553j:plain

駐車場から登山口に向かう途中。

f:id:meihe30:20170729191310j:plain

登山口付近からの景色。

写真奥が駐車場。休日は大渋滞とのこと。(わたし達が行ったのは平日)

 

頂上を目指します。

f:id:meihe30:20170729191424j:plain

 

おお~絶景~(´∀`)♪♪ 

(広角レンズじゃないので雰囲気が伝わらないかと思いますが 汗)

f:id:meihe30:20170729191917j:plain

f:id:meihe30:20170729192008j:plain

f:id:meihe30:20170729192112j:plain

 

 

◎感想◎

・駐車場付近は観光バスもあり、人が多かったものの、山頂まで登山する人は少ない様子。

・とても涼しく避暑にぴったり!思っていたほど寒くなく、半袖でもぎりぎり大丈夫でした。でも日が陰るとやはり肌寒かったのでカーディガンのような上着はあった方がよさそう。

・登山道も歩きやすく、緩やか。登山初心者の私でも景色を楽しみながら歩けました。

・初めて高山病を経験。ちょっとだけですが、やや頭がずきずきしました。

 

 合歡山おまけ↓

f:id:meihe30:20170729192235j:plain

通行禁止の看板があるにも関わらず、まるで看板などないかのように、躊躇うことなく、「こっちの方が近道だよーこっち行こ行こー」とふつーに入っていく台湾人たち。

 

台湾で生活していると、

台湾の方は、ルールを守れない、というかルールを守る!という意識が低いような...と感じることがよくあります。

 

 

続いて、

盧山温泉。

後日記載予定。

 

 

本日の〆に18℃巧克力工房。

f:id:meihe30:20170729194821j:plain

台湾人のお友達のおすすめ。

お友達曰く、「很好吃!就是巧克力還好而已(おいしいよ。ただチョコレートがイマイチなだけ。)」

元々はチョコレート屋さんなのだそうですが、本業のチョコレートはイマイチなのだそうです。

 

f:id:meihe30:20170729194854j:plain

色んな種類があり迷います。

f:id:meihe30:20170729194934j:plain

 今回は、「馬告鹽巴(台湾原住民の香辛料と岩塩」味と、バニラ、ラムレーズンをチョイスしました。

理由と感想:

馬告鹽巴・・・お友達のおすすめ。これはおいしい!日本にない味!香辛料の風味と岩塩のさっぱりさが完全に調和していています!

バニラ・・・基本は大事。普通かな。甘ったるくなくておいしいですが、ハーゲンダッツで十分かも。

ラムレーズン・・・好物なので。ハーゲンダッツの勝ち。

 

 

旅行3日目、日月潭に続く。

 

 

 

 

台湾人と行く夏休み台湾旅行#1 南投惠蓀林場

こんにちは。

 

台湾の学生たちは今夏休みです。

 

台湾の国立大学で教員をしている夫曰く、

台湾の大学教員の良いところは時間的に融通がきくところだそうです。

日本の大学教員は、会議や雑用で忙しそう。

台湾の大学教員は夏休みも時間的に結構自由に使えるようで、学生のように夏休みを楽しめるようです。

もちろん、研究は自分で計画的に進まなければなりませんが。

 

 

さて、夫が夏休みとのことで旅行に行ってきました。

 

 

今回の旅行の目的:

避暑。

台北暑い〜〜〜💦

 

旅行先:

1日目 南投惠蓀林場

2日目 南投惠蓀林場→合歡山→盧山温泉→18℃巧克力工房→日月潭

3日目 日月潭→溪投付近

4日目 溪頭→彰化

5日目 彰化→台中→台北

 

1日目

南投惠蓀林場。

国立中興大学の実験林場。日本統治時代は東北帝国大学北海道帝国大学の演習林だったそうです。 

天気は、曇り(ときどき雨)。思っていたほど涼しくなかったですが、半袖でそこそこ快適に過ごせるくらいの気温でした。

 

f:id:meihe30:20170729174506j:plain

 

曇り。

カフェもありました。

f:id:meihe30:20170729174718j:plain

 

興大学のアイスも売っていました。

f:id:meihe30:20170729175552j:plain

f:id:meihe30:20170729175614j:plain

f:id:meihe30:20170729175636j:plain

か、硬い(._.) 

お味は、昭和なお味。一昔前のアイスというかなんというか。

 

 

日中曇りだったのですが、夜は満天の星✨

三脚、広角レンズなしで撮影。

f:id:meihe30:20170729175412j:plain

 

 

◎感想◎

・平日だったからかもしれませんが、他の観光地に比べ人が少なく、のんびりできました。

・広い敷地に色々なハイキングコースがあり、林の中をのんびり散策する感じの所。道も結構歩きやすく、自然を満喫できました。

・売店もあって、飲み物やお菓子やカップ麺など購入可能でなかなか便利。

・公衆トイレもきれいな方でした。

 

 

おまけ↓

f:id:meihe30:20170729182540j:plain

写真、左上(中央寄り)のオレンジ色の未確認(飛行?)物体を発見。

 

夫がそれを見て「ハチドリ(中国語:蜂鳥)!!」と言うので、

(なんか色がヘンなような?台湾にもいるっけ??)とは思ったものの、

夫の言葉をすっかり信じ込み夢中でシャッターを切りました。

 

でも、後で調べたら、ハチドリではなかったのでした(- - )

ただの蛾だったようです。

騙されたー!恥ずかしいー!

 

 

 

台湾のかき氷

台北、晴れ、アイフォンさんによると34度。暑さに耐える毎日。

 

 

こんにちは。

 

台北は相変わらず、連日真夏日か猛暑です。暑いです。

 

 

日本のニュースを見て台湾人の夫は、「日本も暑いじゃん」と言いますが、

日本の夏 は短いんです!

台湾は半年くらいずっと(真)夏なんです!

6月中下旬くらいからずっとこんな感じなんです!

 

バタッ_(:3 」∠)_

 

 

今日も暑いので、お家の近くのかき氷屋さんに行ってきました。

杏仁味のかき氷と杏仁豆腐がおいしいのです♪

f:id:meihe30:20170715185936j:plain

 


さて、台湾のかき氷は日本のと違います。 

 

台湾の。

f:id:meihe30:20170715172551j:plain

 

f:id:meihe30:20170715172640j:plain


台湾のは、金時豆や白玉みたいなのなど、色々トッピングできます。



夫曰く、日本かき氷は氷にシロップをかけただけなので物足りないらしいです。

そして、どうしてあんなに高いのか。

 

確かに、台湾のかき氷を見ると、日本のは寂しく感じるかもしれませんね。

 

 

台湾の風景

台北、晴れ、アイフォンさんによると現在34度。汗が流れる。

 

 

台北の街並みを撮るのも好き。

f:id:meihe30:20170715183459j:plain