台湾人のいる生活

台湾人の夫と台北で生活する主婦の日記。

台湾生活の工夫#2 湿気とGと戦う

台北、雨が降ったり止んだり、現在17度。

 

暖かく...というか暑くなってきたので、衣替えをしました。

そして、部屋をよくよく見直すと色々と改善点が。

部屋をもう少しすっきりさせたい。

 

インテリア関係の記事などをよく見ますが、

台湾(台北)で部屋のインテリアを考えるにあたって色々と考えなければならないことがあります。

 

・木、籠系のものは要注意。

木目調の物が好きなので、今の部屋に住み始めた頃、台所用品のお皿立てやまな板なども木目調の物にしたのですが、2,3日でカビだらけに。本当に悲しかった(;_;)

台所用の物なので恐らくちゃんとそれように加工されていたはずなのですが、それを上回る湿気!

(うちの台所が特に湿気が籠もりやすい構造だったからかもしれませんが)

インテリア関係の記事では、よく可愛い箱なども利用していますが、台湾ではいつカビが生えるか。。。

 

・ゴキ◯◯に要注意。

街中の有名デパートのレストランでも見かけたので、

台湾では“出ないわけがない”くらい心構えが必要なのではないかと思います。

なので、台所に置く調味料や食器類は蓋付きのケースに入れています。

「蓋付き」というのが重要。

さもないと、いつ何時Gの隠れ家になるとも限らず。

 

上記の事を踏まえると、以下の事を念頭に入れてインテリアを考えないといけません。

・基本部屋が狭いので、収納の工夫が必要。

・でも、カビが映えそうな素材はNG。結果、主にプラスチックかアルミ。

・入れ物はなるべく蓋付き。

・湿気が籠もらないような配置。

・湿気やG対策のため、小まめに掃除ができるような配置。

 

といったところでしょうか。

 

以上。

 

写真は、お風呂用のスポンジなどを干すために買ったIKEAのタコくん。

 

f:id:meihe30:20170412171803j:plain

狭いスペースを上手に利用し、尚且つ可愛い♪と喜んでいたら、

夫には不評だった。

蜘蛛に見えてやだとのこと。(夫は蜘蛛嫌い)

 

 

 

台湾で出産祝い

台北、晴天、30度越え。暑い〜これでまだ夏じゃないとは〜


今日は台北に住む日本人友達の出産祝いに行ってきました。


台湾人に「台湾人は出産祝いにどんな物をあげるのか」と聞くと、「オムツ」との回答が多いです。

理由は一番よく使うからとのこと。

市販のオムツを「はい」と渡しても良いらしいです。



今回はこちらをプレゼントしました。

f:id:meihe30:20170409232812j:plain


布です。

理由)

・赤ちゃんを抱っこするとき胸の前でハンモックみたいにできるあの布(?)として使えるかなあ〜と。

・台湾は日差しが強いので、ベビーカーなどで出かける際の日差しよけとしてもok。

・台湾はやはりちょー暑いので、部屋では冷房をガンガン入れています。デパートなどでは、私も凍えそうになります。赤ちゃんにも寒過ぎるので冷房よけとしてもok


台湾では、お祝いなどにちょっとプレゼントしたいなあ〜という時、プレゼントを見つけるのがちょっと難しい。


台湾の商品は、ブランド品とノーブランドに二分化されている気がします。

観光客向けのお土産はいろいろありますが。

お土産以外で、ノーブランドは、安いし、時にはアイデアが面白い商品もあるのですが、高校生とかが買いそうなもの。ギフトとしてはちょっとセンスを疑われそうなもの。


ブランド品は、日本のAfternoon teaみたいに認知度もデザイン性もあってプレゼントとして見栄えのするもの。でも、とても高い。ノーブランドの数倍くらい。


台湾でプレゼントを探すのは一苦労です。



台湾も暑さ寒さも彼岸まで?

台北、晴天、28度。暑い。あれ?もう夏?というくらい暑い。でも、まだ少し風が涼しいのでなんとか。

 

台湾は、4月上旬に清明節というお墓参りに行く日があります。

 

 

その日は、台湾人にとっては毎年とても暑くなるイメージらしいです。

それまでは肌寒い日が続くのですが。

 

今年は4/4が清明節でしたが、その辺りから台北は毎日暑い日が続いています。

日本では、暑さ寒さも彼岸までとはよく言いますが、台湾もそうかも。

暑い~~~

台湾の場合は、清明節を過ぎると夏が来るようです。。。

(夫曰く、まだそれほど暑くない。台湾では、本格的な夏が来るのは「端午節(5月中下旬くらい。日本の端午の節句とは、全く違う概念のものです。)」が過ぎてからとのこと。)

 

とは言え、

天気が良いのは嬉しい。

久しぶりに少し遠出しようと夫と淡水に行ってきました。

歩いていると汗ばむ陽気でしたが、気持ちの良い日でした。

f:id:meihe30:20170408172102j:plain

台湾で春彼岸。

台北、晴天、現在24度。小春日和🌸という感じ。基本暑いか寒いかの台北ではめずらしく気持ちの良い気温。


台北は「清明節」という祝日で4/3、4、そしてその前の土日を合わせて4連休です。


清明節に台湾人は墓参りに行きます。

個人的に、日本の春彼岸のようなものかなと思っています。

因みに、台湾には日本でいうお盆や秋彼岸のようなものはない様子。

私の見た限りでは、清明節が唯一台湾人が大々的にお墓参りに行く日。

夫に聞いたところ、行く人は新年(春節)にも行くとのこと。

日本と似ているけど、やはりちょっと違う台湾。


清明節は今年で2回目。

去年はお墓参りに同行したのですが、今年は行かなくて良いとのことだったのでお留守番でした。


去年行った際のメモ)

・お墓参りは親戚一同。

お父さんの兄弟とか兄弟の子供とか、日にちを決めてみんなでいっしょに行くらしい。

台湾人の知り合い曰く、中には顔もわからない親戚も多数いるとのこと。でもこれが一年に一度顔を合わせる貴重な機会なのだとか。

・とりあえず、お墓が結構カラフル。

形は沖縄のによく似ています。

・お墓のテリトリーが。。。

空いている所にてきとーにお墓を作ったという感じ。お墓とお墓の間に特に通路がないので他の御宅のお墓の中を通らないといけないような所も。ちょっと気が引けます。そして足場も悪いので、スニーカー必須(旦那は山登りと言います)。

・お菓子をめっちゃ持って行く。

文字通り、山のように持って行きます。そしてそれをお墓の前の棚みたいな所に並べます。

・お線香はみんなで。

お線香を渡され、みんなで黙祷みたいなのをします。

・お墓の屋根(?)の上に何やらカラフルなお札の紙のセットみたいな物を何箇所かに置きます。その心は、台湾人の夫にも謎。


昨日は夕方は近所の河辺をぶらぶらしました。今日もだけど、気持ちの良い気温になってきました。(今週末辺りから30度近くになるようだけど。。。)

一瞬だけでもちょっと春気分です。

f:id:meihe30:20170403160534j:plain


台湾で開催された世界ジュニアフィギュア(エキシビション)2017を見に行ってきた。

先日台北市で開催された世界ジュニアフィギュア2017(3/15-19)を見に行ってきました。

 

元々は、台北で世界ジュニアがあると知ったのが、開催の4日くらい前だったため、チケットが手に入らず、断念。

 

チケットというか、入場料は無料だったのですが、ネットで席の予約をし、予約券みたいなものを入手しなければならなかったのです。

 

どちらにしても、入れる可能性はなく。残念。

 

しかし、開催場所が家からそれほど遠くない所だったため、

こんなチャンスはもうないかも!とりあえず、雰囲気だけでも!と思い、渋る夫を説得し行ってみることに。

そしたら、なんとミラクルが起こった♪

 

夫の知り合いが現地でボランティアをしており、「チケット取れなかったけど、とりあえず来てみたんだ~」的なことを中国語で話していたら、

それを聞いていた一人の台湾人女性が、「チケット持て余してるんだけど要る?」と声をかけてくれたのです。

 

ラッキー♡

f:id:meihe30:20170321134526j:plain 

 

エキシビションでしたが、見れてとても嬉しかったです。

 

チケットに買いてあって注意事項について。

f:id:meihe30:20170321134439j:plain

「オリンピックに使用される国旗以外は持ち込み禁止。」

台湾の国旗についてです。

 

台湾は、国際的には国と認められておらず、オリンピックなどスポーツの式典などでは、白地に水色の梅の花が描かれた旗を掲げています。国名も「チャイニーズタイペイ」が使われています。

台湾の総統府などに掲げられている、いわゆる本来の国旗は赤地のものは、国際的な場では使い方が微妙なようです。

自国での開催なのに、自国の国旗を掲げられないとは、なんとも切ない。

 

 

以上。

 

台湾人と付き合うには。偶にイラっとくることも。

台北、曇り、18度。日本の東北の4月下旬くらい。春だねって感じ。

 

 

台湾の方の多くは、大阪系です。

結構、物事をはっきり言う方が多いです。

 

うちの夫も。

というか、夫のお母さん。

二人の会話を聞いていると、大体こんな感じ。

「何やってんの。ばか。」

「そんなわけないでしょ。ばか。」

 

私自身は東北の出身で、父も母もとても静かな人達だったので、
こういう会話は全く馴染みがありません。

 

夫は、外で他の方を話す時などは物腰が柔らかいのですが、

家の中では地が出るせいか、結構こんなノリです。

口が悪い。

 

偶に不運なことに(? 夫はどうやら悪気があって言っているわけではないのだが)会話で罵倒語が続くと、さすがに私もイラっときます。

 

 

うちだけかもしれませんが。

台湾の方と生活レベルで付き合うためには、強いハートが必要かもしれません。

 

以上。

 

 

台湾はソフトが(は)安い。というかあまり見かけない。

台北、23度くらい、久しぶりに晴れ。

 

無性にソフトが食べたくなって、ファミマでソフトを買いました。

なんと、昨日は2本で49元(170元くらい)でした♫

つまり、1本85円くらい♫

f:id:meihe30:20170312015033j:plain

 

台北の物価はちょっと不合理。

歯磨き粉が、台湾人がお昼ご飯とかに普通に食べる麺と同じかそれ以上だったり。

(日本で昼食代が600円くらいだとしたら、歯磨き粉がそれくらいの感じ)

安い物ももちろんあるけど、普段使う物がありえない値段だったりします。

台湾が好きじゃない台湾人のうちの夫曰く、台湾で日本より安いのは、炭酸飲料だけ。

確かに台湾の炭酸飲料は安い。500ml、15元(52円)前後。

 

ほとんどの物が良心的なお値段で買える日本ってすばらしい。

 

 

そんな台北ですが、ソフトは安い♫

 

台湾(台北)のソフトは時々期間限定でとてもお買い得になります。

安いときはとことん安い。

 

 

でも、そういえば、台湾ではソフトクリームやアイスクリームを売っているのをあまり見かけないような。

 

日本だとその地の特産物の果物や野菜などを使ったご当地ソフトやアイスもあるくらい、どこにでもあるイメージですが、台湾ではあまり見かけません。

 

「ソフトクリーム」に該当する単語もないです。

ソフトも普通のアイスも、みんな「冰淇淋」。区別しません。

 

台湾は、かき氷屋さんはたくさんあります。

台湾は暑いので、アイスくらいでは足りん!てな感じなんでしょうかね。

 

台湾スイーツ(豆花など)にかき氷の氷をトッピングできたりするので、かき氷文化がすごく根付いているのかもしれません。

 

以上。