読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

台湾人のいる風景

大学教員の台湾人の夫との台北での生活を綴った日記

台湾は元宵節

台北、曇りときどき晴れ。現在(夜)12度。冷える。日中は日本の3、4月くらい。


今日は台湾は元宵節です。


旧暦の小正月に当たるようで、この日をもって台湾人は春節(旧暦のお正月)が本当に終わりという感じるそうです。

台湾では結構大事な日のようで、義母もお仏壇にお供え物を備えたり、私達夫婦も朝イチでお線香を上げたり。


台湾で元宵節と言えば、花燈、燈籠、天燈、元宵。



・花燈

f:id:meihe30:20170213124310p:plain

新聞の台湾ランタンフェスの記事より。

今年は東京スカイツリーのもあったそうです。


巷ではよく「ランタン」と訳されているようです。見た目の印象は、青森のねぶたのかわいい(しょぼい)やつ。

「台湾ランタンフェスティバル」という毎年やっているイベントが有名です。毎年場所が違うのですが、今年は台湾の雲林だそうです。

台北でもランタンフェスティバルがあります。



・燈籠

こちらもランタンと言えそうですが、提灯に近いかと思います。

この日子供達は夜「燈籠」を持って歩くそうです。



・天燈

f:id:meihe30:20170213124709p:plain

こちらも新聞の記事より。


中に明かりを灯して飛ばす紙風船のような形の物で、願い事を書いて空に放ちます。

平渓という所が有名です。

(見た目には綺麗なこちらの天燈、実は最近は問題になっているようです。というのも、以前は紙でできていたそうなのですが、最近は大量生産のためかビニール製になり飛ばした後は大量のごみとなっているそうです。

確かに楽しそうですが、思慮深い行動をお願いしたいものです。中国語のクラスメイト(外国人)が楽しそうに平渓旅行の計画を立てていて複雑な気持ちです。)



・元宵

元宵という白玉だんごみたいなものを食べます。中にあんやごまや粉末のピーナッツなどが入っています。大好き:9



おまけ。

道を歩いていて撮影したもの。

f:id:meihe30:20170211213622j:plain

少しばかりですが、台北の元宵節の雰囲気を。


以上、ご参考まで。


今日のニュース:

台南でm5.6の地震。フィリピンでもm5.6の地震。心配です。台南は去年の2月にも大きな地震があったばかり。


台北から冬の沖縄へ行ってみた(1) 春節と沖縄の海

台湾人の夫と結婚し、台北に移住し、2度目の春節(1/27-2/2)を迎えました。


台湾人の嫁として台湾人家族と過ごす春節の感想を。


まずは台湾の春節について。


大晦日: 台湾は大晦日(今年は1/27)に家族みんなで食事をする習慣があります。

うちはその流れで元旦(中国語で初一)とかその次の日(初ニ)も。

元旦: うちは初詣に行きます。

初ニ: 結婚した女性が自分の実家(中国語で娘家)に帰る日。

この間夜は麻雀という文化があるとよく聞きますが、私の知り合いにはいないです。



さて、感想。


・お義母さんの手料理がつらい。

こてこての台湾料理は日本人にはやはりきついです。特に私はお義母さんの料理をこれっぽっちもおいしいと思わないので、2日も食べているとちゃぶ台をひっくり返したくなります。

私は以前仕事で台湾に住んでいたことがあるのでまだ免疫がありますが、知り合いの、同じく台湾人と結婚したけど台湾は初めてという方は、初めての春節を家族で過ごした際、食事が耐えられずキレたそうです。お気持ちお察しします。


・台湾人は基本みんなでワイワイするのが好き。

私の日本の実家はお正月は今はもう家族だけでのんびり過ごすのですが、夫の実家はお義母さんの親戚の家に行ったり、夫のお姉さん夫婦やお兄さんといっしょにご飯に行ったり、春節は基本団体行動です。

まあ、まだ耐えられないほどではないので良しとしましょう。



前書きが長くなりましたが、沖縄について。


春節はこんな感じで、自分の時間がないので春節前に旅行に行ってきました。

今回は夫の希望で沖縄へ。


なぜ冬なのに沖縄へと思ったのですが、どうやらずっと乗りたいと思ってたスポーツカーのレンタルが安かったらしい。

夫は大の車好きです。


冬なのであまりお天気は期待していなかったのですが、意外とよかったです。

お店の人の話によると今年は例年より暖かいそうです。


沖縄、とても楽しかったです。

沖縄のきれいな海に(カオスな台湾に疲れ切った)心が洗われました。



沖縄のビーチをいくつか周ったので沖縄に行って海の見たい方、写真を撮りたい方のご参考に。

写真がテキトーですみません。


1) 大泊ビーチ

f:id:meihe30:20170206110115j:plain

f:id:meihe30:20170206110156j:plain

ちょっと小さめですが、余計な物がなく、純粋に海を楽しめると思います。


2) 恩納ビーチ

f:id:meihe30:20170205161648j:plainf:id:meihe30:20170205161712j:plain

広々としていますが、弱冠写真にホテルが入り込んでしまいます。

リゾート感があります。


その他: 

観光情報誌を見ると、

残波ビーチ、瀬底ビーチ、ミッションビーチも良さそう。

f:id:meihe30:20170206115851j:plain



以上、ご参考までに。





台北から冬の沖縄へ行ってみた(2) ホテル

台湾人の夫と初めて台北から沖縄に行ってきました。


台北からのチケット代:

Peach、5泊6日、2名、往復、TWD9,900(日本円で約36,000) 

時間:

台北(桃園)→沖縄(那覇)、1時間ちょっと。



今回使ってよかったホテルを参考までに。

我が家はホテルにはあまりお金をかけないので、お値段は全てお手頃です。



1) 名護市のcenturion hotel。(6480円/2人)

すごく素敵でした!

f:id:meihe30:20170205220244j:plainf:id:meihe30:20170205220342j:plain

上: 部屋、下: 部屋の前のロビー


アメニティも普通に良い。

女性には嬉しい顔パックもフロントでいただけます。



2) 恩納和風ホテル北海荘(5300円/2人)

写真を撮るのを忘れました。

ホテルというよりは、普通の素敵なお部屋という感じですが、木の温もりが感じられる、シンプルですっきりしたデザイン。こんな部屋に住みたい。

近くにお店がないので素泊まりの際は食事の準備が必要。最寄りのお店は徒歩10分くらい。


アメニティは普通。



以上、ご参考までに。


台湾で泊まったホテル: 台中(台中世聯商旅)

先日台中に行った際に泊まったホテル(台中世聯商旅)がなかなかよかったです。

すごくよかった!!というわけではないですが、お値段の割にとてもよかったです。

(お値段は時期によって違うようです)

 

私にとって良いホテル

・清潔感がある

・お値段が手頃

 

ホテルはこんな感じ。

 

f:id:meihe30:20170204225952j:plain

 

f:id:meihe30:20170204230022j:plain

 

f:id:meihe30:20170204230048j:plain

写真左がバス(シャワー)ルーム。見ての通りシャワーだけ。

写真右がトイレ。ウォシュレット。

 

アメニティはこんな感じ。

f:id:meihe30:20170226155540j:plain

f:id:meihe30:20170226155605j:plain

 

その他サービス。いいコーヒーではないですが、インスタントコーヒーもついています。

f:id:meihe30:20170226155636j:plain

 

 

 

よかった点

 

お値段:  素泊まり、2人で1800元。

(普段は4、5000元くらいするようなので、要注意。)

 

立地:  マックが隣(か隣の隣)にあるので、素泊まりでも大丈夫。

 

 

ちょっと残念だった点

 

トイレ:  紙を流してはいけない(ホテルの規則で。でも全く流れないわけではない。)

 

窓:  泊まった部屋には窓がなかったです。

安いので仕方ないかも。

 

お風呂場、お手洗いの仕切りのガラスが半透明。

お友達とかと泊まる場合は気になるかも。

 

 

その他

台湾は普通のホテルとラブホの境目があまりはっきりしません。

ホテルの名前に「商」がつくホテルはビジネスホテルのつもりのところが多いのですが、ここのホテルも音楽など、ややラブホの匂いが。

でもどちらかと言ったらビジネスホテルと言えるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

台湾で旧正月。

台湾は1/27から旧正月(春節)です。



近所のお寺?っぽい所に初詣に行ってきました。

(台湾の宗教関係の建物には「寺」「宮」「廟」など色々あるけど区分がよくわからない。見た目はほぼ同じような。いつか時間がある時に調べようと思います。)

f:id:meihe30:20170202013555j:plain



お供え物はやはり日本と違う様子。

大根やねぎなどの野菜をお供え物を売っていました。


f:id:meihe30:20170202013626j:plain


ねぎは、中国語の蔥:cong 。聰cong明:頭がいい ということで、頭が良くなるように となるらしい。

大根は、中国語で菜cai頭とも言うらしく → 好彩cai頭:縁起がいい となるらしい。



春節の間、台北はとても静かになります。

お店もお休みになりますし、

台北で働いている人たちが地方の実家に帰るので、車やオートバイが激減します。

個人的には静かになってとても嬉しい。


会社や小中高学校は2/2からまた仕事(開工、開學)らしい。

(._.)











台湾へ来て。台湾と日本。

台湾人と結婚し、台湾に来て早2年が経ちました。


といっても台湾は2度目です。


1度目は2008-2011、仕事で。2015冬より再び台湾(台北)へ。




先日、一昔前に話題になっていた「国家の品格」(藤原正彦)を遅ればせながら読みました。


日本の「情緒」の下りなどは激しく同感。



台湾での生活は情緒などとは全く無縁です。

色々と雑。。。

良く言うと大らかなのですが。


私は台湾が嫌いではありませんよ。良い国だと思います。

おそらく私には日本の文化や生活の方が合っているのでしょう。

労働環境などの問題はありますがね。



ここからはやや愚痴。


目下、不快なところ。


なんか、くさい:

バイクや車が多いので排気ガスもさることながら、街を歩いていて臭いがする。場所にもよりますが、空気がクリーンではない。とりあえず家の前の通りはくさい。


外壁の補修:

台北はタイルの壁が多いです。でも台北は雨が多いせいかタイルが剥がれているのをよく見かけます。そして剥がれている部分だけセメントとかでテキトーに補修。直せないんだったらタイルにしなければいいのに、と思います。


まあ、これは技術や資源やお金の問題などで難しいのかもしれません。

台湾は日本の九州くらいの大きさの島で、資源も乏しい。一般のサラリーマンの月収も日本円で10万円くらいだそうです。

多めに見てあげなくちゃ。


しかし。。。


家のコンセント:

部屋をリフォームしたのですが、コンセントがまっすぐじゃない。そしてプラグを差し込めない(正確には、差し込むのにすごい力がいる)。

義母からも、「一応使えるんでしょ?じゃ、大丈夫。」とのお言葉。

使えればいいでしょ、的な台湾人の考えが滲み出ている。すごくイヤ。



もう、台湾人に疑問を感じます。



夫は台湾が大嫌いです。

夫からのお言葉↓


ニュース:

台湾のニュースは見ない方が良い。

くだらない。内容もテキトー。

確かに、2016年台湾の総統選挙の時、開票結果をテレビで見ていたら、テレビ局によって候補者の投票数がバラバラ、全然違くて驚愕しました。メディアがそれで良いのか。


交通マナー:

車は一流だけど、乗ってる人はみんな三流。

台北はお金持ちが多く、高級車をよく見かけます。でも交通マナーが悪い。

例えば、横入りが多い。右左折専用レーンからの横入りとか。右左折専用レーンを横入りのために使うのは勘弁してほしい。

追い越し、横入りが普通なので、日本の道路の規則正しい様子を見ると癒されます。



台湾では胸が震えるほど感動することがありません。



旧正月前に行った沖縄で見た沖縄漆器(角萬漆器さん)。美しい。心が洗われます。

f:id:meihe30:20170201002429j:plain


心が震えるような美しいもの、すばらしいものが身近にあるというのは幸せなことです。



残念ながら台湾ではなかなか感動がありません。


ですが、これも良い経験なので台湾という国を色々見ていきたいと思います。