台湾人のいる暮らし

台北迪化街付近の住人の生活メモ。

台湾の桜

台湾は桜の季節。

 

 

f:id:meihe30:20180315105436j:plain

f:id:meihe30:20180315105510j:plain

 

台湾は色の濃い山桜が多い。

 

たまに淡い色の桜もある。

 

どちらにしても、花がちょこちょこあるだけなので寂しい感じ。

日本の桜が見たいなあ、そして、日本は季節折々の美しい景色があって良いなあと思うのだった。

お墓参り

台湾は4月上旬に清明節という日本の春彼岸的なものがあり、お墓参りの習慣がある。

わたしが見る限り、ほとんどの台湾人のお宅のお墓参りは1年に1回、この時くらいのようだ。

我が家(夫の家)も清明節にしかお墓参りに行かない。

 

我が家は毎年カレンダーの清明節のちょっと前に行く。

今年は先週末にもう行ってきた。

 

台湾のお墓参りは、台湾で慣れないものの1つである。

 

理由1)

長い。

我が家のお墓参りは近所の親戚たちといっしょにする。

現地集合で待ち合わせ、法事のようにいっしょにお参りするのだが、久しぶりに会うということで、おしゃべりの時間が長い。

お墓参りなのかおしゃべりに来たのかわからない。

お供えものを供え終えてはおしゃべりし、お線香をあげてはおしゃべりという感じ。

私「今何待ち?」、夫「わからん」

ひたすら待つしかない。

かれこれ4時間くらいはかかる。

 

理由2)

めちゃくちゃ歩きにくい。

日本のお墓は、家の用に「玄関」のような部分があり、玄関へ向けて道のようなものもできているが、台湾はそうではない。

我が家のお墓は山の上にあるが、石や瓦礫の転がる中、道なき道を登っていく。

お墓とお墓が完全に隣り合っているものもあり、仕方なくどこの誰かもわからないお墓の中をちょっとお邪魔し、通って行ったりもする。

墓石かなんかの壊れた瓦礫やホースやよくわからないごみもあちこちにあるので、カオスである。

 

習慣の違いは仕方がないのだが、きれいに片付いているのが好きなわたしにとっては、台湾はけっこうカオスである。

瓦礫の中、親戚たちのおしゃべりが終わるのを待ちながら、遠くの空と川を眺め、日本へと思いを馳せるのであった。

 

 

 

 

 

トイレットペーパー値上げ

今週近くのスーパーに行くと、こんなになっていた。

f:id:meihe30:20180301183613j:plain

トイレットペーパーコーナー。

台湾人がよく使う、ボックスティッシュみたいなのの。

ロールのはまだ結構あった。


どうやら、世界的なパルプ価格の上昇を受けて、3月中旬よりトイレットペーパーを3%値上げすると発表されたかららしい。

なくなるわけでもなく、3%の値上げでこれか。

だが、私も調べて観たら、10%〜30%との記載も。

そして、今日は一切値上げは違法に当たるため調査するとのニュースも。

トイレットペーパー問題、一体どうなるのか。


結婚し、台湾で暮らし始めて3年。

毎年なにかしら値段が上がっている気がする。心配。。。








2018台湾の春節

台湾は春節(2/15-20(15日は大晦日。本当の春節はもうちょっと短いらしいがカレンダー上は20日まで))。

 

春節(大晦日)の我が家のおせち?料理。

f:id:meihe30:20180220165029p:plain

料理:義母/写真:義姉

おいしいとはいえない。

 

春節の時の台北

f:id:meihe30:20180220133934j:plain

お店はほとんどはシャッターが下りている。

外国人にとってはつまらない期間。

 

春節一日目。

ほとんどのお店はお休みだが、近年は日本を真似し、三越などは福袋をやっているらしい。

f:id:meihe30:20180220164054j:plain

たまたま通りかかった三越

 

f:id:meihe30:20180220164126j:plain

袋がなんか。。。みんななんかスポーツバック持ってるなと思ったら、福袋らしい。

中身が気になる。

 

春節2日目。

夫とのんびり。

 

春節3日目。

春節は家族でというイメージが強いが、この頃からみんな外に出始める。

わたしたちは淡水へ。駅がすごいことになってた。

f:id:meihe30:20180220134009j:plain

元々結構人が多い所だが、エスカレーターがこんなになってるのは初めて見た。

 

外。

f:id:meihe30:20180220134050j:plain

 街中。

f:id:meihe30:20180220134219j:plain

 日本語で話していたら、「あなたたち日本人?わたし東大出身」と真っ赤な服を着た怪しい台湾人のおばちゃんにも遭遇。

 

春節4日目。野柳へ。

f:id:meihe30:20180220134415j:plain

f:id:meihe30:20180220134703j:plain

 


台湾は人口密度が高いため、観光地やちょっと良さげな所は、基本台湾人、中国人、韓国人、マレーシアなどの東南アジア系の人で芋洗い状態なので、台湾人の夫もあまり好きではない。

しかも、よく台湾のソーセージなど焼いているおじちゃんたちがいるので、どんなに景色がきれいな所でもソーセージ臭い。

f:id:meihe30:20180220134555j:plain

台湾人は臭いが気にならないのだろうか。

海が一望できる所でするめ食ってる家族。

 

 

 

2018冬の旅行

春節前に夫と日本に旅行に行ってきた。

今年の冬の旅行は、九州。

レンタカーを借りて九州を一周してきた。

 

やはり、日本は楽しい。

 

台湾は諸国からの統治時代が長く、歴史が短い。

地域ならではの特産物や伝統がなくどこへ行ってもそれほど差がない。

食べ物は、ほぼどこも牛肉麺とか、なんとか麺とか。

お土産は、台湾の餅(大福みたいなの)とか、ドライマンゴーとか。

どこへ行っても、「またこれか!」という感じ。

 

日本は、各地それぞれに特色があり、とても楽しい。

 

お土産も、地域の特産物を活かしたものが色々。

f:id:meihe30:20180220162826j:plain

 

日本人の努力、創意工夫に感動する。すばらしい。

 

 

帰国する度に日本人に生まれてよかったと思うのであった。

 

 

 

 

2018正月

台湾は旧暦なので1月はまだお正月という感じではない。

1月1日は辛うじて休みだが、2日から普通に学校、会社。いつもと全く変わらない日々に戻る。

 

今年はおせちに挑戦しようかと思ったが、材料探しの段階で疲れ果て挫折。

蓮根も水煮のすら見つからなかった。

大手スーパーにはあるらしいのだが。

 

知り合いにいただいたお餅でお雑煮っぽいものは作ってみた。

 

f:id:meihe30:20180115173321j:plain

 

f:id:meihe30:20180115173352j:plain

 

f:id:meihe30:20180115173339j:plain

 

子供の頃は家でついていた実家のお餅も近年ではサ○ウの切り餅になり、味気ないなあと思っていたが、それでもお正月にお餅を食べるってなんか良いなあと思ったのだった。

 

 

 

 

2017年末

クリスマスは、夫が忙しいとのことで特に何もせず。

もともと夫の家族はクリスマスを祝う習慣がなく、夫も子供の頃からケーキも食べず、プレゼントももらったことがないらしい。

なので、クリスマスでも特に何も思わないらしい。


あるものでクリスマスディナー。

f:id:meihe30:20180115163155j:plain


クリスマスケーキ的なもの。アニエス・ベーのケーキ。

f:id:meihe30:20180115163833j:plain


台湾人は全体的にお家でクリスマスを祝う習慣があまりないらしく、ケーキ屋さんがクリスマスケーキをがんばって売っている姿もない。

恋人たちがレストランでクリスマスディナーを楽しむくらい。

台湾の生活は季節感というか、変化がないのでつまらない。


大晦日は夫の日本の友達が来たので一緒に年越し。

f:id:meihe30:20180115171418j:plain

夫作。

一緒に紅白と行く年来る年を見た。

日本に6年留学していた夫は、台湾は年末、お正月を感じられる番組がないと言う。

日本は紅白やお正月番組があって良いと言う。

わたしもそう思う。